お土産文化

どこかに行って「お土産を買わなくちゃ!」などというのは日本独特の文化です。
世界ではあまりないです。
自分のために何か買う事はあtっても、それも「ザ・お土産」ではなくいて実用的なもの。
日本人みたいな「ばらまき」なんてのも存在しません。

会社の同僚にもなーーんにも。
家族にだって何もありません。

なので来たいもしてないし、もらってもどうしていいか分からない感じ。
食べてなくなるお菓子くらいならティーの時間にいただく、でもその程度です。

なのにいまだに日本人はどこかに行くとお土産を買うことに必死なので、
これを見た外国人はビックリしますよ。

これがきっと「日本人は買い物が好き」という有名なものになっていってるんじゃないかなー。

中国も日本に似てるし、「爆買い」なんていう言葉までありますけど、
あれも文化の違い、、、違うも違う、
お土産もそうだけど、彼らは「日本のものは品質がいい」って分かっていて、
ブランドも「ニセモノがない!」って買うみたいです。

「偽物がない」って、、、、汗。

でもまぁ、、確かに、(たまにはあるんじゃない??)。

お土産を買う文化は文化なのでいいんだけど、自分の旅を楽しみましょうねー。

このブログ記事について

このページは、あまねが2018年11月 1日 16:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現場に戻る」です。

次のブログ記事は「お通し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。